???
 
のーないにっき。。
 



Show by Feb/21/2008

今日の

テストは、引くほど手ごたえなし。
というか、鬼がいっぱいいましたw

絶望に絶望を重ね燃え尽きそうです。
明日の教科も怪しい感じですι

でも、今日のは。
多くの人が絶望してたので、仲間がいっぱいいそうです。

テストのストレスのせいなのか。
腕が、あざみたいに変色しだしました。
きっと、テストに対するアレルギーだとww

今日も開き直って寝ますw
おやすみなさいー。



Jan.21(Mon)21:34 | Trackback(0) | Comment(0) | 脳内日記 | Admin

目的の

ところは、入手できたww

芳香族炭化水素化合物の定義の特徴はヒュッケル規則に従って4n+2を合計する必要がある電子の反ローカライズが安定させた周期的な分子構造(n=1、2…)です; 4n電子がある環状化合物は、「反-香りの高」くて、不安定です。 しかし、1964年に、純粋に理論上のハイルブロンナーpredicted1はリングが片端半分を与えた後の長方形の片の端にねじれを接合することによって構成したメビウスの輪のトポロジーがあるそんなに周期的な分子を地面に置きますか?4n+2よりむしろ4nを含んでいるなら、香りの高くあるべきです、電子。 撚り合わせている周期的な分子はねじれで大きいリング緊張で動揺させられました、そして、予測はメービウス芳香族炭化水素を統合する試みが刺激となりましたが、また、p orbitalsのオーバラップを抑圧すると、反ローカライズと安定化は電子にかかわりました。 より大きい周期的な分子の中では、リング緊張がそれほど発音されませんが、構造は、非常にフレキシブルであり、それほど消耗していないヒュッケルtopology2、3に宙返りして戻ります。 変遷州のspecies4、不安定なintermediate5、および非活用した周期的なmolecule6(メービウストポロジーがあるすべて)は記録されましたが、安定した香りの高いメービウスシステムはまだ実現されていません。 ここで、私たちは、香りの高い'正常な'構造(リング飛行機と直交したp orbitalsと)と香りの高い'ベルトのような'構造(リング飛行機の中にp orbitalsがある)を結合すると拡張システムによって安定させられるメービウス化合物がもたらされると報告します。
この小説をすべて読むために、あなたは、ログインするか、または支払い(まかなえる)を済ませる必要があるでしょう。

おおざっぱな内容がみたかったから、これで十分ですが。
最後ww
論文じゃないところまで、コピペしてしまったらしいw
正直、自分で辞書引いたのと同じくらいいみがわからないww

でも、これ眺めつつ訳し直してみる価値はありそうですなw



Jan.21(Mon)18:39 | Trackback(0) | Comment(0) | 脳内日記 | Admin


(1/1page)